ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識

ペットペット動物豆知識

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)
ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【舞い上がれ、コウノトリ。】
国の特別天然記念物、コウノトリ。かつては日本の各地で見られ、東京でも繁殖していたという普通に見ることができた鳥だったようだ。それが人による狩猟や、環境の変化などによって、著しくその数を減らしてしまった。そして現在、地域を巻き込んだ保護活動が着実に展開されている。国内最後のコウノトリの生息地として知られる、兵庫県の豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」がそれだ。住民とコウノトリが共生できる環境を目指し、地域をつくるというものである。そして最近飼育下で成長したコウノトリが、自然の中へと放たれた。そこに居合わせた人たちからは、舞い上がっていくコウノトリが姿に、拍手がわきおこったという。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ヘビはどこまで大きくなれるのか?】
世界中に大蛇の話や伝説はそれこそ星の数ほど存在するが、実際のところヘビはどこまで大きくなれるのだろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【シマウマの種類】
白と黒の大胆な縞模様をまとっているシマウマ。あまりにもわかりやすい外見だからか、「シマウマ」という種類が1種いるように感じるかもしれないが、縞模様や体の大きさなどにより、数種が存在している。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【野鳥の子育て】
写真はシジュウガラのヒナたちですが、シジュウガラはこのシーズンに平均2回産卵してヒナたちを巣立ちさせます。中には3回も産卵・子育てをする働き者の親鳥もいます。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【有明海のスーパースター、ムツゴロウ。】
潮が引いたとき一面に現れる泥の浜、干潟。日本でも最大の面積を誇っているのが九州の4県にまたがる有明海である。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ペッカリーの受難。】
既に絶滅していると思われていた動物が、実はまだ存在していた、ということはままある。発見されてまだ三十数年チャコペッカリーもそのひとつだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ビズラ】
ゴールデンレトリバーが飼い犬として申し分のない性質、外見を兼ね備えた犬であることは間違いないところ。ところで、このゴールデンに勝るとも劣らない優れた愛玩性を持った珍しい犬がいることをご存知だろうか?

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【「オカピ」とは、森の馬。】
キリンと共通の祖先をもつ動物に、オカピがいる。発見当初彼らは馬の仲間とされたが、その特徴から実はキリンの仲間であることが判明した。20世紀最初の大型哺乳類の発見として、当時はかなりのセンセーションを巻き起こしたようである。彼らの独特の四肢の模様は森林に紛れる効果とともに、子供にとっては母親を認識するための役割があるとも考えられている。キリンの仲間のオカピだが、その名前は現地人の言葉で「森の馬」を意味するようだ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【樹上で暮らす、風変わりなカンガルーの仲間。】
発達した後肢に短い前肢。長く伸びた尾っぽを使ってしっかりと直立するようにたたずむカンガルーは、コアラと並んでオーストラリアで代表的な動物だ。

ペット情報総合サイトPETPET動物豆知識【ちっとも白くないのに、なんで“シロ”サイ?】
動物の名前は、体の特徴からつけられるものがけっこう多い。だが、アフリカに生息するシロサイは、決して白くない。

前のページ |12345678910| 次のページ  
1~10(247件中)